スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変わる葬儀 費用透明化掲げ流通大手参入(産経新聞)

 ■島田裕巳さん「仏教のあり方、大きな曲がり角に」

 人生の最期を迎えた人を送る葬式。だが、別れを惜しむ間もなく手配に追われ、葬儀費用やお布施にと予想以上に支払いがかさんでしまった、という人は多い。そんな不明朗な葬儀費用を透明化しようと、流通大手のイオンが葬儀ビジネスに参入。宗教学者の島田裕巳さんも著書『葬式は、要らない』『戒名は、自分で決める』で現在の葬儀のあり方に一石を投じ、いずれも大きな反響を呼んでいる。(太田浩信)

 この3、4年、近親者だけで遺体を直接火葬場へ運んで見送る「直葬」が急増。家族だけの「家族葬」も定着し、葬儀の簡略化が進む。地方から都市に出てきたことで寺との関係が切れ、高齢化で知人や友人が先に亡くなるなどして参列者の数が減ってきたためだという。

 こうした中、イオンは昨年9月、独自の品質基準に合格した全国410の葬儀社と提携し、葬儀サービス事業に参入した。棺、骨つぼ、位牌(いはい)の代金や祭壇設営費などの単価をすべて明らかにし、29万8千~148万円まで6段階のプランを用意。人数で変わる返礼品や飲食代なども含めて葬儀全体にかかる金額を見積もり段階から明示し、費用を透明化した。今月10日からは菩提寺(ぼだいじ)を持たない人へ僧侶紹介サービスも開始した。

 ◆お坊さんを知らない

 新サービスのきっかけは、利用者からお布施の金額への質問が相次いだことだった。「檀家(だんか)関係があれば相場も分かるが、都内だと6割以上の利用者がお坊さんを知らない。『お坊さんを紹介して』『お布施はいくら?』との要望、問い合わせに応えたかった」と、イオンリテールの広原章隆イオンライフ事業部長。

 主要8宗派の代表寺院と連携し、約600の寺を紹介。通夜や葬儀などの読経と戒名のセットでのお布施は「信士信女」の普通戒名は25万円。「居士大姉」は40万円、「院号居士大姉」のつく戒名では55万円のお布施を提示する。普通戒名による直葬の場合は10万円のお布施となる。

 ◆心の問題にもかかわり

 一方、島田さんは現在の葬儀のあり方に疑問を投げかける。

 例えば香典は霊前に供えるもので、「香典返しはごく最近できた習俗で、業者がもうかるだけの非合理な方向に向かっている」と指摘。「墓や葬式、戒名が要るのか考えてみると、何となく要るものだとされてきた。よく考えると、なくてもいいかなと、みんなが思い始めている。墓を作らなくてよいならすごく楽になる」と話す。戒名についても「日本にしかない、寺を維持するためにできたシステム。寺と檀家関係がなければ戒名料を支払う必要はない」と言い切る。

 島田さんはまた、葬式のときだけにしか接する機会のない仏教と普通の人との関係はいっそう希薄化していくと指摘し、「現在の仏教のあり方は大きな曲がり角に来ている」とみる。そのうえで、「人は誰もが死や死後に対する不安を抱えており、心の問題に仏教界が果たすべき役割は大きい。(葬式だけでなく)そういうところに積極的にかかわっていくべきだ」と提言する。

                   ◇

 ■葬式費用、全国平均231万円

 ◆事前見積もりの葬儀社も増加

 厚生労働省の平成21年人口動態統計(推計)によると、昨年1年間の死亡者数は約114万4千人。前年より約2千人増え、高齢化の進展で死亡者数は今後も増加が見込まれる。

 葬式にかかる費用は、平成19年に日本消費者協会が行った第8回葬儀についてのアンケート調査によると、全国平均で約231万円。インターネットのホームページで葬儀費用の事前見積もりが可能な葬儀社が増えている。戒名授与にかかる費用も、東京近郊で僧侶派遣を行う「おぼうさんどっとこむ」などのように金額の明示を行っているところもある。

<大地震>グラッときたら、まず避難 火の始末は揺れ収まってから 文科省が見直し報告書案(毎日新聞)
連立離脱は時期尚早=社民・阿部氏(時事通信)
輿石議員会長、鳩山首相の沖縄再訪に「大変いいことだ」(産経新聞)
女性死亡 55歳、顔に殴打跡…愛知・長久手の竹林(毎日新聞)
口蹄疫 鹿児島県が種牛を離島に分散避難(毎日新聞)
スポンサーサイト

<JR東日本>水道橋駅で人身事故、2万6000人に影響(毎日新聞)

 18日午前7時5分ごろ、東京都千代田区のJR中央・総武線水道橋駅で、線路に転落した男性が津田沼発中野行き下り電車(10両編成)にはねられた。男性は頭を強く打つなどして重体。JR東日本によると、この事故で上下線計22本に最大で30分の遅れが出るなど、約2万6000人に影響が出た。東京メトロ東西線でも、一時直通運転を取りやめた。

 警視庁神田署によると、男性は30代の会社員。転落した状況などを調べている。【百武信幸】

【関連ニュース】
横須賀線:女性はねられ死亡 5万人に影響
JR内房線:280メートルオーバーラン…浜野駅で
JR中央線:衝撃音で緊急停止 西荻窪駅・9本運休
痴漢:埼京線全編成に防犯カメラ設置へ
JR中央線:新宿駅で人身事故 一時運転見合わせ

入管 収容者が待遇改善求めハンスト 今月10日から(毎日新聞)
イラン追加制裁 中露も合意(産経新聞)
青木幹雄氏の後継に長男…自民、世襲批判警戒(読売新聞)
<口蹄疫>感染拡大防止に国道に消毒マット 宮崎(毎日新聞)
民主党、政策アンケート公表 子ども手当は「現行のままで」(産経新聞)

五木寛之「親鸞」上巻をネット無料公開 (産経新聞)

 講談社は11日、五木寛之さんの長編小説「親鸞」上巻を、ネットで無料公開すると発表した。12日午前0時から1カ月間限定で、プリントアウトはできない。同社によると、五木さんが「若い世代が書店に足を運ぶきっかけに」と発案し、実現したという。

米自治領知事が首相に親書=川内氏ら、テニアン移設要請-普天間(時事通信)
<女性遺体>死因はくも膜下出血 殴られたような傷 横浜(毎日新聞)
雑記帳 サクランボ 母の日を前に出荷に追われる 秋田(毎日新聞)
高速事故で3人死亡=路肩の車にトラック衝突-山梨・中央道(時事通信)
口蹄疫対策 宮崎県知事「政府は後手後手」 支援拡充を要望(産経新聞)
プロフィール

くりばやしひとり

Author:くりばやしひとり
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。